店主あいさつ

静岡・焼津で創業 明治三十五年、カネオト石橋商店の四代目・石橋利文です。。

店主の挨拶

カネオト石橋商店は、焼津浜通りの老舗の海産商です。
静岡・焼津グルメの食の情報発信基地をめざし、
伝統の”なまりぶし”の製造を中心に、水産加工業を
営みながら、加工場の2階で、自社商品の味、食べ方を
ご紹介する食堂 ”焼津浜食堂” を開業し、
『焼津の海産本舗』として、事業を展開しています。

手造りにこだわり、地元の特産品を製造販売していますので、焼津にお越しの際は、
一度尋ねて頂ければ光栄です。

カネオト物語 (カネオト石橋商店の紹介)

潮騒(しおさい)に誘われて、 辿(たど)り着く、、、、、


 ここを訪れる人々は、口々に「辿り着いた」と言う。
“港町 焼津の浜通り”に古くて新しい、
教えたくて教えたくない、 そんな老舗があることを
ご存じだろうか。 

 

百年の時をかけて守られた味

 カネオト石橋商店は、明治三十五年(一九〇二年)、
焼津の浜通りで前浜に水揚げされる鰹を使い、なまり節
製造を手掛けた事が始まりです。
 創業から百年を超え、いかに時代が移り変わろうとも
守るべき味があるとの思いで、地元海産物の加工品を
主に製造・販売しています。
 現在では、代表商品のなまり節以外にも、新鮮な刺身
商材や角煮、塩辛、鰹のへそといった地元の珍味など、時代に合わせた商品のご提案も
行っています。           

伝統を紡いできた『カネオト』の音色

 屋号の『カネオト』は、初代石橋音吉の名前に由来し
ています。 元は武士であった音吉がなまり節の製造を
始めてから、実に百年以上の月日が経ちました。
 創業当時から、港町で働く人々の掛け声や、浜の波音
漁船の汽笛など、心を打つ『音たち』が受け継がれて
きたように、伝統の味も静かに、しっかりと受け継がれて
います。

『最高屋』としての誇り

 カネオト石橋商店は二代目となり大阪市場での取り
扱いが始まると『最高屋』と呼ばれ、
仲買人から特別な存在として知られるようになりました。
 『最高屋』とは、その日に市場に出される商品の中で、
最も質の良い品を作る生産者に与えられた愛称で、
セリに出る前に高値で買い取られてしまう程に信頼され
ていました。
現在でも『最高屋』の名に恥じぬよう、素材選びから
                      商品づくりまで徹底してこだわり続けています。
                        カネオト商品一覧のページ⇒⇒

出来たての旨さを、その場で味わっていただきたい。

1階カネオト石橋商店の作りたての味をその場ですぐに
味わっていただけるように、2階にて「焼津浜食堂」を
運営しております。
海を眺めながら、店内はテーブル席と座敷席とに分かれ
ています。
窓越しに海を眺めながらのカウンター席が大人気です。
                焼津浜食堂のページ⇒⇒⇒

カネオト石橋商店の歴史

創業 明治35年、焼津港町・老舗の小さな海産物製造商。

 創業明治35年、焼津の浜通りで、
前浜に水揚げされる鰹を使い、生利節(なまり
ぶし)の加工を手掛けたのが始まりです。

  当店は、創業当時よりおもに、鰹(かつお)・
鮪(まぐろ)の生利節(なまりぶし・釜上げ)及び
かつおの塩辛の製造を手掛けています。
熟練の職工が伝統の技術を受け継ぎ、丹念に手造りする事にこだわった製造をしております。
特に、脂ののったかつお・まぐろを使った生利節(なまりぶし)、
伝統の製法を守って作るかつお塩辛(鰹酒盗)
柔らかで味が良いと評判の鮪とろ角煮・しぐれ煮・佃煮
焼津の珍味で人気のへそ味噌煮など数々の焼津名品を
製造直売しています。

また当店の特長は、他ではめったに食べられない”へその
味噌煮”や鮪のアグタ(カマ) と言った地場産品(地元のみの海産物)を製造しております。

是非、地元・焼津の食の味をお楽しみ下さい。       カネオト商品一覧のページ⇒⇒

 また、自社の焼津特産品や焼津の地場海産物を手軽に
召上っていただきたいと思い、”焼津浜食堂”を開業いたしました。
 焼津の海が一望でき、美味しい魚料理や地元料理が
楽しめるお店として、親しまれております。

             焼津浜食堂のページ⇒⇒⇒

カネオト石橋家の歴史

 焼津のカネオト石橋商店は、びん長マグロやカツオの生利節の製造を主としている。
初代店主は、“石橋 音吉(おときち)”で、屋号の“カネオト(音)”は、ここからきている。
祖先は、藤枝の田中城の武士で有ったとの事。
 初代・石橋 音吉が、焼津の浜の近く(横町地区)で、なまり屋(水産加工業)を創業した。
そして、2代目は友次、3代目は松雄、4代目は利文にへと受け継がれた。

 2代目 友次の時は、カツオの生利節以外にも、かつをの塩辛、黒はんぺの製造も
手掛けた。 花子(友次の妻)は、浜松の新居町より嫁に来て、友次を手助けした。

 3代目 松雄の時に、カツオの生利節以外に、びん長マグロの生利節の製造も手掛けた。
これと伴い“びん長マグロの刺身用ブロック”も販売し始めた。また、最近では、
前記の商品に加え、へその味 噌煮や無添加の佃煮といった魚の加工業者
ならではの商品の製造も手掛け始めた。

現在、4代目 利文に受け継がれ、製造加工所の2Fに"焼津浜食堂”をオープンした。
焼津浜食堂は、焼津と焼津の産業に携わる歴史を引き継いで、焼津の食文化を
将来に向けて、 伝えて行きたいという願いを込めて作られた。

会社概要

企業名 カネオト 石橋商店
営業内容 焼津海産本舗 【カネオト 石橋商店

まぐろ、かつお、刺身用ブロック、生利節、佃煮各種、かつお塩辛、
へそ味噌煮、まぐろ角煮、鮪カマうま煮、鰹のはらも、焼津の地場産品、珍味
カネオト商品の通販・販売 【ショップカート

お取り寄せ・通販 ショッピングサイト

焼津の食事処 【焼津 浜食堂 - やいづ はま しょくどう -】

海鮮丼セット/1,050円  刺身定食/1,250円
鮪づけ丼セット/950円  ミニ海鮮丼&デザートセット/950円 等
代表者 石橋 利文
本社所在地 〒425-0025 静岡県焼津市城之腰 91の5
TEL/FAX 054-628-2920/054-628-3268
従業員数 8名
カネオトの味をご自宅で 商品直売所 価格一覧 ファックス注文フォーム
ページトップ