“浜おやじ”のレシピ「鰹かつおヘソ味噌煮」〜焼津のご当地グルメ・隠れた珍味〜

かつおを食べ尽す街、焼津!まさしく珍味です。

焼津ならではの珍味かつお”へそ”って何??.....

◎焼津ならではのご当地グルメの地場産品として近年、注目度、上昇中。
◎焼津市民は、結構、"へそ"が好きである。
◎かつおのハツ(心臓)で、当然、一匹に一個の貴重品。
◎鉄分、タウリン、EPA等を多く含む素材である。


鰹かつお・ヘソ味噌煮
←鰹かつお・へその味噌煮

もともと、焼津おでんから
ヒントを得て、自家製の味噌と
カネオト独自の製法で
造りあげました。
素材の良さが、味に出ます。
へそ人気の"立て役者"です。

焼津では、駄菓子屋で、焼津おでん(最近、静岡おでんがヒットしています)を
販売しています。

この焼津おでんは、すべてのおでん種に味噌ダレと鰹節の粉をかけて食べます。

 また、たまに、へそが串刺しになっておでん種になっていて、自分も小学校の頃から、
小遣いを持って、よく おでんを食べに行ったものでした。
 15年前に、家業を継いだ時に、当店で、へそを扱っていたことも有り、
我が家の味噌ダレと 茹で立てのへその釜上げを合わせて商品開発しました。
 今では、焼津の人は、結構 知っている "地元の特産品"として評価が高まり、
本当に嬉しい限りです。
      焼津で”へそ”を食べる ⇒⇒⇒ 焼津浜食堂のメニューへ
              ショッピングカートへ⇒鰹かつおヘソ味噌煮 

店主のこだわり

かつおのへそ
この商品における「こだわり」

 主原料の"かつおのへそ"の煮熟処理を素早く行う。
味噌ダレは、材料をふんだんに使う。    

 主原料のへそは、血の成分が多い為、
鮮度がとても重要となってきます。     
 当日に加工された"へそ"を素早く処理する事で、
良い食感の商品が完成します。........

生産者からの一言

 以前、へその味噌煮という商品は、どこにも無く、
漁師や魚市場の関係者の家の家庭料理だったような
気がします。 自分が、この商品を造ったのが、最初だと
自負しています。(元祖、へそ親父?)
 今では、年間3回は、欠品する商品になりました。
年3回とは、盆、暮、ゴールデンウィークです。
 焼津出身者が、帰省して、食べて、土産に持っていく、
と言う事が、需要過多の要因の一つです。
でも、こうして、焼津自慢が出来る商品に 育ってくれて、
元祖・製造者として、本当に、誇りに思います。  .......

  

ショッピングカートへ⇒鰹かつおヘソ味噌煮 

インターネットでのご購入は、ショッピングカートもしくは電話・FAXフォーム等で受付ております。
 商品の価格等は商品一覧のページでご確認頂けます。

カネオトの味をご自宅で 商品直売所 価格一覧 ファックス注文フォーム
ページトップ